スポンサードリンク


Warning: Illegal string offset 'cache_time' in /home/fumi/public_html/wp-content/plugins/tweetable/tweetable.php on line 404

打合せで感情的になるのは理解不能だなぁ。

しかも、自分は感情的になった人と話すのは苦手だ。自分はそれに乗るまい、と思っていながら乗ってしまうから苦手なのだ。もう少し冷静沈着にならなくては……。

休み明け一発目

朝っぱらからいきなりハードな打合せ。リハビリ期間が無いのはつらい。一週間で結構忘れるものだ。

自分にほとんどの決定権があるような打合せはあまり好きじゃないが、自分が決めないと誰も決めてくれないので自分が費用対効果で最良と思った方法を提案しておく。

Yahoo!ニュース – 読売新聞 – ディズニー「7人のこびと」、冥王星降格に不満の声明

Yahoo!ニュース – 読売新聞 – ディズニー「7人のこびと」、冥王星降格に不満の声明
アメリカ必死だな。

Tシャツが裏返っていたので

裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ) | 洗濯物が裏返っているのはなぜか を実践してみた。普通に着られますわね。

田舎があるということ

「カブトムシ採ったことある?」

休み前に先輩の同僚(30歳台後半)から聞かれた。カブトムシくらい採ったことがあったので「はい」と答えた。これは自分が特別というわけではなく、同じ田舎の男ならまず間違いなく一回くらいは採りに行った経験があるはずだ。

先輩は東京出身の方で、千葉県のキャンプ場に息子と一緒に行き、初めてカブトムシ採りをしたらしい。東京出身で田舎が無い人にはそういうものなのかもしれない。

自分の小さいころの思い出には、近くの山に友達と一緒に自転車に乗って虫取りに行ったり、カエルの卵をすくってきたり、ヒグラシは他のセミより小さいことを知ったり、オニヤンマに狂喜したり、夜にホタル見たり、日が暮れるまで外まで遊んだり。こういう絵に書いたような夏休みの思い出があること、田舎での思い出があるというのは悪くないなぁ。

Re: fix for the gcc -O3 miscompilation” %>

昨日の話にリプライが入っていますねぇ。
その内容から察するに、問題のコードはこういうところですな。

fns.c:383


/* ARGSUSED */
Lisp_Object
concat2 (s1, s2)
Lisp_Object s1, s2;
#ifdef NO_ARG_ARRAY
Lisp_Object args[2];
args[0] = s1;
args[1] = s2;
return concat (2, args, Lisp_String, 0);
#else
return concat (2, &s1, Lisp_String, 0);
#endif /* NO_ARG_ARRAY */




NO_ARG_ARRAY が定義されていない場合、(下から3行目の) "&s1" で引数のアドレスをそのまま渡す、ということをするようだ。だから、-O3 でコンパイルしたい場合、NO_ARG_ARRAY を定義する方が分かりやすいよ、という内容のリプライが入っていた。