スポンサードリンク


Warning: Illegal string offset 'cache_time' in /home/fumi/public_html/wp-content/plugins/tweetable/tweetable.php on line 404

linux (Centos)マシンをhostapdでAP化

我が家のLinuxのサーバであるFMV-7090MT4には、PCカードスット×1とCFカードスロット×1が付いている。PCカードはEthernetカードを入れてあり、CFカードにはPSPとDSのために WLI2-CF-S11 をhostap 機能でAP(アクセスポイント)化してある。サーバのHDDがポシゃったため、再インストールしてから構築する時にメモが無く苦労したので、ここに残しておく。

  • カーネルの再構築:
    drivers/net/wireless/hostap/hostap_cs.c の 810行目あたりに以下を追加する。もしかしたらソースに記載しなくてもいいのかもしれないけれど良くわからないので追加した。当然ながら、hostap と、wireless lan 自体を使えるようにしておくこと

    PCMCIA_DEVICE_PROD_ID12("BUFFALO", "WLI2-CF-S11", 0x2decece3, 0x3beea320),
    
  • hostapd のコンパイル:
    ドライバは hostp にてコンパイルすること。
  • hostpad の設定
    以下のとおり、hostapd.conf を設定した。

    interface=wlan0
    driver=hostap
    logger_syslog=-1
    logger_syslog_level=2
    logger_stdout=-1
    logger_stdout_level=0
    dump_file=/tmp/hostapd.dump
    ctrl_interface=/var/run/hostapd
    ssid=##SSID
    ignore_broadcast_ssid=2
    country_code=JP
    ieee80211d=1
    hw_mode=b
    channel=2
    beacon_int=100
    dtim_period=2
    max_num_sta=255
    rts_threshold=2347
    fragm_threshold=2346
    macaddr_acl=1
    accept_mac_file=/usr/local/hostapd/etc/mac.accept # ← 当然PSP,DSの無線LANのMACアドレスを記載しておく
    deny_mac_file=/usr/local/hostapd/etc/mac.deny
    auth_algs=3
    wep_default_key=0
    wep_key0=##WEPのキー
    
  • wlan0の設定
    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-wlan0 の内容が dhcp で取得する内容となっていたので、静的に割当てるように変更する。

    # BUFFALO WLI2-CF-S11
    DEVICE=wlan0
    BOOTPROTO=static
    ONBOOT=yes
    IPADDR=##IPアドレス
    NETMASK=##サブネットマスク
    HWADDR=##MACアドレス
    
  • hostapd の起動
    起動は起動スクリプトから行なうこと!(ここで大分ハマった)。
    起動スクリプトでは起動だけでなく、iwconfig により、wep keyの設定を行なっている。そのため、hostapd を単体で起動させても wep キーが設定されず、うまく繋らない。
  • iptablesの設定
    wlan0 はDS,PSPのネット接続が目的であるため wep という脆弱な暗号化しかかけられない。そのため、iptables でネットに出ていく方向のみ許可するようなルールを追加しておく

    関連記事:

返信

 

 

以下の HTMLタグ を使うことができます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>