スポンサードリンク


Warning: Illegal string offset 'cache_time' in /home/fumi/public_html/wp-content/plugins/tweetable/tweetable.php on line 404

ロジクールMX620のホイールのスベリの修理

MX620価格.com - 『ホイールが詰まる』 ロジクール MX620 コードレスレーザーマウス (ダークシルバー&ブラック) のクチコミ掲示板 のレポ記事です。

MX620 のホイールはカチカチとするタイプではなく滑かに回り続ける高速スクロールが魅力でしたが、最近ホイールの滑りが良くない。ゆっくりとホイールを回しているとときおり重くなることがあり、ホイールを弾いたときはすぐに止まってしまうようになった。(設定でカチカチにもできる)

ググるキーワードを色々と変えながら同様の症状が無いかどうか検索してみると最上部に記載した記事を見つけた。

それによると「ホイールのゴムが経年劣化により伸びてしまい、それが他の部品にぶつかりブレーキのようになってしまう」
カッター一つで修理できるようなのでやってみた。
  1. カッターでホイールのゴムを切断する
    MX620のホイールにカッター
  2. ホイールからゴムを引き抜く
    MX620からゴムを引き抜く
  3. きつく巻き付けていき「余り」がどのくらいか確かめる

    どうやら3mmくらい伸びていたようです。
  4. ゴムの余分分を切断
    ゴム切断
  5. 巻き付ける

これで元の滑らかなスクロールが戻ってきます!

ポータブル空気清浄機(空間清浄機)eneloop air fresher レビュー

後輩からの出産祝いに貰った eneloop air fresher 。SANYOのページを確認すると、電解水を霧状にしてウィルスなどを抑制する、と記載があります。電解水とは何だろうと思ってWikipediaを見てみる。

電解水 – Wikipedia
強酸性水 – Wikipedia

中学か高校の化学の実験で、水を電気分解したときに陽極側(+)に酸素ができて、陰極側(-)に水素が生成される、ということをさらに触媒やらイオン交換膜やらを使って、陽極側に次亜塩素酸水溶液を作るようです。そして、その次亜塩素酸水溶液を霧状にして空気中に放出するということのようだ。

次亜塩素酸は、最近哺乳瓶の消毒剤にも使われる安全性の高いものなので娘が居る部屋でも安心して使えそうです。

で、ポータブル空気清浄機(空間清浄機)eneloop air fresher開封から設置までしてみた。

  1. 箱はこんな感じ
  2. スライドして中身を取り出すとThinkGAIAの説明が。

    SANYOがPanasonicに吸収されるのは悲しいですね。。。SANYOは結構独自で良い商品を出したりしますしね。
  3. 中身を取り出す。

    AC電源の他、カーソケット用の電源(左上)にも対応しており、車中で使うこともできるようになっている。本体にはバッテリも持っていて4時間くらいは持つようだ。左上からの2番目は吸水棒で(恐らく)次亜塩素酸水溶液を毛細管現象で超音波の板の上に吸い上げる仕組みになっているような気がする。その吸水棒の替え芯。
  4. 本体の下が空ける。

    この部分に水道水を入れる。本体から出ているのは電極と、吸水棒。
  5. 吸水棒を取り出す
  6. 取説の記載どおり、水に浸す

    洗面台のコップに付けて水を吸わせる。取説の記載どおり10分ほどして本体に戻す。取説には「回し入れる」とあったが、水を吸っていないせいか回し入れなくても大分余裕があった。うーん、やっぱりコップからはみ出しているのがマズイのかと思って、洗面器に浸すことにする。

    洗面器に10分ほど浸したあと、本体に戻す。(それでも回し入れるほどきつくはない)
  7. 完成

    電源ON時は上部が光るんのだけど、ちゃんとOFFにできるから寝室に置いても安心。

設定後は寝室に置いて使っています。ウイルスの抑制効果も期待していますが、次亜塩素酸水溶液を超音波で噴霧しているので、(弱いのでしょうが)加湿器としての効果も期待しています。良い物を頂き後輩に感謝です。

ちなみに、取説には3、4時間程度しか放出しないと書いてありますが、2、3日はずっと放出していますよ?

<参考Amazonリンク>
SANYO いつでも、どこでもきれいな空気を! ポータブル 空間 清浄器 eneloop air fresher (マシュマロホワイト) CAF-VW10TG(W)

キーボード掃除のスライム(アイリスオーヤマ サイバークリーン) レビュー

買ったので使ってみた感想・レビューの記事です。

サイバークリーンといえばキーボードの掃除を行なう変なスライムのことです。どのように取れるかというと、サイバークリーンの背面に書いてありました。

サイバークリーン解説

キーボードに “Gyu…” することでホコリなどの吸着し、”Peri…” すると良いらしいので実際にやってみた。

とりあえず容器から出します。おもったよりテクスチャは固いかな。机の上に出しても大分その形を維持していました。

サイバークリーン取出

掃除する前の状態(ちょっと汚ないので閲覧少々注意):

Gyu… している様子

Cyberclean押し付け

掃除した後の状態:

大分綺麗になっていることが分かります。

使ってみるとキーボードに入り込んだホコリなどは比較的良くとれたけど、以前に入り込んでいた皮脂はあまり取れないので注意した方がいいかな。定期的に使っていれば効果があると思うよ。ただ、長年掃除していないキーボードで使う場合には、一旦他の方法で綺麗にしてからサイバークリーンを定期的に行なうと良いのではないでしょうか。

使い終ったあとは「ぐでっ」としていますが、容器に入れておくとまた綺麗な円柱状になりますよ。

Cyber Clean ぐでっ

<<参考Amazonリンク>>