スポンサードリンク


Warning: Illegal string offset 'cache_time' in /home/fumi/public_html/wp-content/plugins/tweetable/tweetable.php on line 404

ポータブル空気清浄機(空間清浄機)eneloop air fresher レビュー

後輩からの出産祝いに貰った eneloop air fresher 。SANYOのページを確認すると、電解水を霧状にしてウィルスなどを抑制する、と記載があります。電解水とは何だろうと思ってWikipediaを見てみる。

電解水 – Wikipedia
強酸性水 – Wikipedia

中学か高校の化学の実験で、水を電気分解したときに陽極側(+)に酸素ができて、陰極側(-)に水素が生成される、ということをさらに触媒やらイオン交換膜やらを使って、陽極側に次亜塩素酸水溶液を作るようです。そして、その次亜塩素酸水溶液を霧状にして空気中に放出するということのようだ。

次亜塩素酸は、最近哺乳瓶の消毒剤にも使われる安全性の高いものなので娘が居る部屋でも安心して使えそうです。

で、ポータブル空気清浄機(空間清浄機)eneloop air fresher開封から設置までしてみた。

  1. 箱はこんな感じ
  2. スライドして中身を取り出すとThinkGAIAの説明が。

    SANYOがPanasonicに吸収されるのは悲しいですね。。。SANYOは結構独自で良い商品を出したりしますしね。
  3. 中身を取り出す。

    AC電源の他、カーソケット用の電源(左上)にも対応しており、車中で使うこともできるようになっている。本体にはバッテリも持っていて4時間くらいは持つようだ。左上からの2番目は吸水棒で(恐らく)次亜塩素酸水溶液を毛細管現象で超音波の板の上に吸い上げる仕組みになっているような気がする。その吸水棒の替え芯。
  4. 本体の下が空ける。

    この部分に水道水を入れる。本体から出ているのは電極と、吸水棒。
  5. 吸水棒を取り出す
  6. 取説の記載どおり、水に浸す

    洗面台のコップに付けて水を吸わせる。取説の記載どおり10分ほどして本体に戻す。取説には「回し入れる」とあったが、水を吸っていないせいか回し入れなくても大分余裕があった。うーん、やっぱりコップからはみ出しているのがマズイのかと思って、洗面器に浸すことにする。

    洗面器に10分ほど浸したあと、本体に戻す。(それでも回し入れるほどきつくはない)
  7. 完成

    電源ON時は上部が光るんのだけど、ちゃんとOFFにできるから寝室に置いても安心。

設定後は寝室に置いて使っています。ウイルスの抑制効果も期待していますが、次亜塩素酸水溶液を超音波で噴霧しているので、(弱いのでしょうが)加湿器としての効果も期待しています。良い物を頂き後輩に感謝です。

ちなみに、取説には3、4時間程度しか放出しないと書いてありますが、2、3日はずっと放出していますよ?

<参考Amazonリンク>
SANYO いつでも、どこでもきれいな空気を! ポータブル 空間 清浄器 eneloop air fresher (マシュマロホワイト) CAF-VW10TG(W)

ウェブメール(Roundcube)実現までの道のり1(devecotインストール編)

今現在、メールはEmacsのWanderlust(&pop3)で管理していたが、家のメールに、スパムが異常に多くなった点、Amazonや楽天などからの(半分くらいスパムの)広告メールが届くようになってしまった。その状態で、例えば送り元に”Amazon”が場合では、ごちゃまぜディレクトリに放り込んでおくのは嫌なので、scmailの振分定義に Amazon の振分の定義と、振分先を定義する。それで終りなら良いのだけど、.folder にその振分先のディレクトリを追加しなければならない。この結構大変な2度手間が嫌になり、ウェブメールを自サーバ(Linux, CentOS)に導入することとした。

ウェブメールとしてはとしては、SquirrelMail が有名であるが、会社で以前使わされていて、HTMLベースで使いにくい印象しか残っていない。検索したところ、Roundcube というウェブメールクライアントを発見した。Ajex を使っていて、画面も Thunderbird などのメールクライアントと遜色ないので、Roundcube を使うことにする。

Roundcube を使うためには、IMAPのサーバが必要になる、ということで、Dovecotを自サーバに導入した。

  1. まず、Dovecot をダウンロードする。
  2. $ wget http://dovecot.org/releases/2.0/dovecot-2.0.7.tar.gz

    展開後、configureスクリプトを実行する。オールドタイプなので、/usr/local/dovecot にインストールされるようにする。また、LANだけ(どころか、localhost内)で使用するつもりなので、sslについても無効にした。

    $ ./configure –prefix=/usr/local/dovecot –without-ssl
    $ make
    $ su
    # make install

  3. 設定ファイルについては何も格納されていないので share 配下にあるファイルをコピーする。
  4. cd /usr/local/dovecot/share/doc/dovecot/example-config
    cp -r dovecot.conf conf.d/ /usr/local/dovecot/etc/dovecot

  5. 設定内容についてはまだあまり調べていないながら、以下のように設定しとりあえず使えるようになった。(変更点のみ)
  6. ■10-auth.conf
    mail_location = maildir:~/Maildir
    ■auth-system.conf.ext
    pam ではなく、shadow を使うようにする(?)
    ■dovecot.conf
    listen = *

  7. 実行ユーザについては、以下のとおり、143 に dovecot, 144 にdovenull ユーザを追加する。143 はIMAPのポート番号で、UIDとポート番号を合わせるのが個人的には好み。
  8. # groupadd -g 143 dovecot
    # useradd -M -u 143 -g dovecot -s /sbin/nologin dovecot
    # useradd -M -u 144 -g dovecot -s /sbin/nologin dovenull

  9. 使用するディレクトリを作っておく
  10. # mkdir /var/run/dovecot
    # chown dovecot:dovecot /var/run/dovecot

  11. rcスクリプトについては以下のとおりコピーする。
  12. # cp dovecot-2.0.7/doc/dovecot-initd.sh /etc/init.d/dovecot

    以下については修正必要。

    DAEMON=/usr/local/dovecot/sbin/dovecot

  13. そして起動
  14. # /etc/init.d/dovecot start

とりあえずこれで使えるようになったけど、チューニングパラメタなんかはいずれいじっていきたい。

    scmailをLinuxサーバにインストール

    scmailをLinuxサーバにインストールし、実際に使用するところまで。

    今まで scmail はwindows側のCygwin環境上に乗せ、fetchmail と組合せて使っていたのだが、あまりにも遅く、使い物にならないので家のLinux(CentOS)サーバで、fetchmail+scmailを実行させるように変更した。その時のメモ。

    scmail-1.3.tar.gz をダウンロードし展開する

    /usr/local 直下にインストールされるのは嫌なオールドタイプなので、Makefile を修正する。

    PREFIX = /usr/local/scmail
    

    そしてMake。これまたgaucheのPATHを指定してmakeコマンドを実行し、インストール

    $ PATH=/usr/local/gauche/bin:$PATH make
    $ su
    # PATH=/usr/local/gauche/bin:$PATH make install
    

    Cygwin上で使っていた dbm ファイルをLinux上にコピーして状態を確認したところ、以下のようなエラーとなって確認できない。どうやらgdbmのバージョン相違?アーキテクチャ依存?なのかは分からなかったが使えないようだ。。。

    $ /usr/local/scmail/bin/scbayes --table-stat
    gdbm fatal: read error
    

    しょうがないので、手持のSPAMから再学習させようと思ったところ、これまた以下のようなエラーとなってしまった。なかなかうまくいかない。

    $ /usr/local/scmail/bin/scbayes --learn-spam `pwd`
    scbayes: .scmail/token-table.dbm is now being updated
    scbayes: or perhaps .scmail/token-table.dbm,lock is staled.
    scbayes: (Please remove the lock file if it is staled.)
    

    上記エラーについてググったところ、調査をしてくれたサイトを見つけることができた。

    作ろうとするディレクトリがすでにある場合の戻り値が0.8.14と0.9で違っている。

    同サイトにはパッチもあるためそのパッチを当てたところ正常に動作することが確認できた。良かった。

    OJTで教えた後輩3名+そのさらに後輩1名と飲んできました

    OJTで教えた後輩3名とその内1名がさらに教えた後輩1名で飲んできました。一番の年長者であることもあるが気のおけない同僚で、楽しく飲ませてもらいました。皆なも気を使わずに楽しく飲めているといいなぁと思うし、変に先輩風を吹かないようにいつも注意している(つもり)。

    離職率の高いこの業界にありながら皆な辞めずにいてくれることが何よりも嬉しい。顧客先に常駐しているので離れているから会う機会も年に数回しかいないので、会社を辞めてもあまり変わらない気がするのだが、それでも「同じ会社・仲間」ということが嬉しい、と常々おもっている。まぁ、そんなことは恥かしいし、言ったところで皆なにイジられるだけなので言わない。

    ところで、びっくりしたのが、以下の点。

    • 1名にブログが見られているらしい(「健康診断大丈夫でしたか?」と言われた。。。)
    • 出産祝いを貰いました

    結婚のお祝いも貰っています。なかなか礼儀正しい後輩ですね。出産祝いに貰ったのは、eneloop air fresher「ポータブル空間清浄器」 | eneloop 商品ラインナップ | eneloop(エネループ) | 三洋電機で内容についてはまた今度書きます!

    しかし、後輩が見てるって思うとやや書きづらくなるな。。。

    <参考Amazonリンク>

    SANYO いつでも、どこでもきれいな空気を! ポータブル 空間 清浄器 eneloop air fresher (マシュマロホワイト) CAF-VW10TG(W)

    不況→ポリカーボネート・アクリル水筒→ビスフェノールA(BPA)→精子死亡→出生率低下→(無限ループ)

    結婚当初、わたしはおこづかいの少なさのため、家で作った麦茶などを入れたマイ水筒を持ち歩いていたことがあった。水筒のメーカなどは控えるが、ポリカーボネート(PC)製で、ヤカンで麦茶を煮出して、粗熱がとれたくらいで水筒に入れていたのだが、何だか風味が違うような気がした。

    ネットで調べてみると、ビスフィノールA(BPA)という成分が溶け出しているようで、風味はそれが原因かは分からなかったが、それ以来、水筒は止めることにした。また、どこかで見た気がするが、台所用漂白剤(キッチンハイター的なもの)でもビスフィノールAが溶け出すようだ。その時見た限りでは、人体への影響は「影響ありそうだけど、不明」というような状態であった記憶があるが、今回、精子が死んじゃう! 原因は身近なものなんだよ。 : ギズモード・ジャパン というような記事を見て、「高濃度」とはあるものの、やはり、影響があるように思う。

    子どもが産まれ、こういう些細な情報でも気にしてしまい、家の冷蔵庫に入れる水筒もポリカーボネート製からガラス製にした。まー、気にしだしたら何も食べられなくなるけど、敢えて影響のあるものを使用しなくても良いよね?と思っている次第で、ペットボトルにはBPAの影響はとりあえず無いみたいなので、毎日コンビニで水筒代わりに水を買うようになりました。財布は痛いけど精神的には良いです。

    コメントからメールアドレス入力不要にしました

    コメントのメールアドレスが必須のように見えていましたが、実際には省略可能でしたので欄自体を削除しました。

    ちなみに、atahualpa のテーマで上記を行なう場合には、wp-content/themes/atahualpa/comments.php を修正する必要がある点に注意。

    もし、メアド入れることでコメントを躊躇していた方がいらっしゃればこれでコメント頂ければ嬉しいです。